ねじ深さを検査するには? 切欠き付きねじプラグゲージ

規格品以外のねじゲージが必要となる事例

例えばワークのめねじが公差内に製作されているかを管理したい場合、規格品のゲージでは対応ができませんが、ワークの寸法に合わせて製作した切欠き付のねじプラグゲージを用いることで、現場で簡便に測定することが可能となります。

切欠き付きねじプラグゲージでの検査方法

下図のように、ワークに対して切欠き付ねじプラグゲージを差し込んでいき、止まった位置が切欠きの範囲内に収まっていれば、ワークのねじは公差内で製作されていると判断することができます。

 

特殊形状のねじゲージの設計製作について

このように規格品のねじゲージでは測定する事ができない箇所でお困りごとはございませんでしょうか。Web-oks(大古精機)ではお客様のワーク図を下に、規格品では対応できない特殊形状のねじゲージを設計製作させて頂きます。

詳しくは、ゲージ・測定治具の設計製作をご覧下さい。

 

 

測定治具・ゲージの設計製作

最短納期で貴社ワークのための特注測定治具・ゲージを設計製作いたします。