量産ねじ研削の受託加工|お客様事例

お客様が、既存ねじ研削加工先より「そろそろ機械の寿命も近い為、引退を考えている...」と相談を受けていました。

「ねじ研削加工のみ」を対応してくれる企業はほとんどなく、弊社へご相談頂きました。

最初にご相談頂いた時は、大古精機もねじ研削盤は汎用機しかなく、量産のねじ研削加工への対応は出来ず、お断りをしていました。

 

今まで出来なかった事が出来るように

大古精機は2019年にNCねじ研削盤の設備導入を行いました。それより、当社の加工の幅が広がり、対応が難しかった量産ねじ研削加工が対応可能になり今回の仕事を引き受ける事が出来ました。

以前からねじ研削市場のデータ収集は行っており、需要がある事は確認出来ていました。NCねじ研削盤導入後も、多数のお問い合わせを頂いております。

 

86年のゲージ製作による信頼と実績

今回の製品は、工作機械に使用される主要部品の為、要求項目が多いものでありましたが、大古精機の今までのゲージ製作による実績で、お客様の不安感を取り除く事が出来ました。「仕上がり精度には全く不安が無く、依頼出来ました」との嬉しいお言葉も頂きました。

 

協力メーカー様の「万が一」で困ってしまう前に

昨今のコロナの影響により、今まで長いお付き合いがあった協力メーカー様の急な引退や廃業、設備の経年劣化により生産が思うようにいかなくなってしまったというお話を頂く事が増えております。

大古精機では、そのようなお客様の困りごとを解決する為に、若手への技術継承と更なる技術向上、設備のメンテナンスと更新を長年続けております。

 

 

ねじ研削なら単品から量産までお気軽にご相談ください

大古精機では長年、「特殊品の多品種少量生産が得意」としてきました。

しかし、お客様のニーズはどんどん変化しそれに対応していかなくてはいけません。

大古精機は、お客様の様々なお困りごとに柔軟に対応し、お客様に合った解決方法を提案させて頂きます。

ねじ研削の事なら、単品も量産も得意な大古精機へ、是非お問い合わせください。

 

精密研磨加工・ラップ加工

大古精機の精密加工/測定技術を活かし、精密研磨加工、ラップ加工を請け負います。